人材不足が深刻化する看護師の現状

少子高齢化が進み続けている現代社会では、介護や医療ケアを必要とする高齢者がますます増えることが予想されます。

その中で看護師も介護職と同様に、人手不足が問題となっており、看護師ひとりにかかる負担も増えているのが現状です。そのため、どこの地域でも看護師の確保のために、求人募集を行なっています。

求人には、離職率の軽減や長く仕事が続けられるよう、良い待遇や条件を取り揃えているものも多く、看護師資格を持っていればほかの業種に比べて就職先や転職先が見つけやすいといえます。

看護師には、都道府県による資格が必要な「准看護師」と国家資格が必要な「正看護師」の2つの職種があり、准看護師は正看護師の指示を受けて患者への医療ケアを行なうことになります。

看護師は、看護の専門知識と技術を持つ人材として、医師による診察の補助や患者の医療ケアを行なうのがメインの仕事です。病院以外での療養を必要とする人が増えていることから、特定行為に定められた診療の補助については、医師の指示は必要としながらも手順書に従った方法で看護師ができるよう、研修制度が設けられるなどと看護師の仕事の範囲が広がっています。

看護師は、病院などの医療機関だけでなく、高齢者向けの老人ホームなどの施設や保育園、美容クリニックなどで活躍できるため、求人募集も多く、転職においてもさまざまな選択肢があるのが特徴です。ただ、そのように選択肢が多い分、きちんと自分の目的に合った職場を探すことが重要です。